MENU

寝つきを良くするために選ぶサプリメントとは?

サプリで寝つきを良くする?眠れない悩みを抱える人は年々増えている昨今ですが、「眠れないな」「寝つきが悪いな」「寝たけど疲れが取れないな」と、眠りに関しての悩みを持つ人は多くいます。

 

寝つきが悪いことや眠りが浅いことで、日中の集中力や活力にも影響を及ぼしますし、免疫力を高めるためにも睡眠は重要です。

 

そこで、私たちの生活で大切な睡眠の質を上げるべく、寝つきを良くするサプリメントや方法、飲み物、食べ物についてついてまとめました。

 

【目次】

 

寝つきを良くするサプリメントおすすめランキング☆

 

 

潤睡ハーブ(フロムココロ)が寝つきを良くします

潤睡ハーブ(フロムココロ)の特徴

眠れないとイライラし、そしてイライラするとうまく眠りにつくことができなくなります。
そんな悪循環を断ち切るため、休息にとって重要な「必須アミノ酸」を多く含む「クロレラ」を配合しています。
クロレラの成分には17種類のビタミン、7種類のミネラル、18種類のアミノ酸、食物繊維、葉緑素が含まれていて、日々の生活に必要な栄養素も補ってくれるため、忙しくて食事も不規則だったりする人も、休息と栄養を摂取することができます。
他にも発酵ギャバ・ラフマエキス・クワンソウなどのハーブで心と体を良質な休息へと誘います。
また、体が冷えていると休息の質が低下するため、体を芯から温める成分の金時しょうが・ヒハツも配合しています。
寒い冬だからこそ、体を温め質のよい休息をとることで免疫力を高められるといいですね。

金額は毎月お届けコースで初回66%オフの1980円で始められることができ、10日間安心保障制度が付いて安心です。試してみて、もしも眠りに変化を感じなければすぐに止めることができます。

価格 定期コース初回1,980円
評価 評価5
備考 継続の縛り無し!1ヶ月でも解約可能 2014年休息サプリランキング1位!
 

ネムリス(ヴィジョンステイト)で寝付きを良くしよう

ネムリス(ヴィジョンステイト)の特徴

筑波大学で国内初の脳波データによる検証を行ったサプリメントです。
ネムリスを飲んだ時に、ストレスを感じている時に出る脳波が出なかったことからも、日々ストレスを多く抱えていたり、眠れないイライラで人間関係に悩む人にもオススメできるサプリメントです。
日本人の5人に1人が隠れ睡眠不足という「疲れが取れない」「目覚めが悪い」「スッキリ起きられない」などの症状に悩む人がいるという事実からも、今こそ質の良い睡眠をとらなければなりませんね。
また、眠りに関して体内時計を整える「セロトニン」を増やすためには、トリプトファンという成分を含む食事を摂らなければなりません。しかし実際のところ食事だけで賄うのも難しいところです。
ネムリスはトリプトファン・必須アミノ酸・ビタミン類などを含み他にもリラックスハーブのラフマを配合しています。

心と体を癒し、体内から疲れを取るためには最適なサプリメントのネムリスは、初回特別価格1330円オフの5670円(30日分)または590円オフの1890円(10日分)で購入することができます。
多くの方が3日目には効果を実感していることからも、まずは10日分で試してみるのもいいですね。

価格 定期コース初回1,890円
評価 評価4
備考
 

グッドナイト27000(ECスタジオ)が睡眠の質を上げる

グッドナイト27000(ECスタジオ)の特徴

厚生労働省調べでは30〜40代では約5人に1人が睡眠に不満を持っているとの結果がでています。
そのことからすっと睡眠に入れてぐっすり眠れ、スッキリ目覚めることを目的としたサプリメントがグッドナイト27000です。
成分は、リラックスのためにテアニン・カモミール・ラフマを配合し、休息をサポートするためのトリプトファン・グリシンを配合ストレスに対抗するためのGABAが入っています。
注目すべきは特許成分のラクティウムという、ペプチドを含んだ乳タンパク加水分解物!赤ちゃんが母乳を飲むときに安らぐと言われる成分で、ストレスに対しての耐性効果、更にはストレスによる血圧を大きく下げる効果があります。
ラクティウムは推奨量に満たないサプリメントには特許原料のロゴを入れることができませんが、もちろんこのグッドナイト27000にはこちらのロゴが入っています。

通常価格は6000円ですが、定期購入(3回以上)の初回は990円とお得で、2回目以降も最大30%オフになるので眠りに不満を感じている人は是非はじめたいサプリメントです。

価格 定期コース初回990円
評価 評価3
備考 2016年モンドセレクション受賞
 

マインドガードDX (健商)で熟睡しよう

マインドガードDX (健商)の特徴

体の休息を天然ハーブなどで摂取するのであればマインドガードDXです。
不眠からくる日中の集中力の低下などの不安を抱える人も、しっかりとした休息を取り、自信をもって働きたいですね。
マインガードDXには、ビタミンB群・C群などの各種ビタミンやミネラル、たんぱく質など140種類以上含むノニ休息エキスであるクワンソウ、α波アップを促すギャバ、リラックス食物繊維のイヌリン休息をサポートするトリプトファンに、必須アミノ酸などを多く配合し、しかも体内吸収をよくするためにドリンクタイプを採用しています。
ドリンクタイプはタブレットに比べて約250%も吸収率に差があることからも効果的です。
また、味も一般的なノニの飲みにくさを克服し、飲みやすく、いろいろなものと割って飲むことができます。

通常価格は8625円のろこと、初回お試し特別価格は22%オフの6810円で通販限定商品なので、タブレットが苦手な方や、以前ノニを試したけれど味が苦手だという方も試してみる価値のあるサプリメントです。

価格 定期コース初回6,810円
評価 評価3
備考 ドリンクタイプで飲み易いです☆

寝付きを良くするサプリメントの選び方とは☆

 

サプリメントは主に3つのカテゴリーにわけることができます。

 

サプリメントや健康食品の名称を見てみましょう。

 

特定保健用食品

 

特定の保健用途(お腹の調子を整える・歯を丈夫にする・血中コレステロールを正常に保つなど)で表示することが可能な食品トクホと呼ばれています。

 

表示内容と保険機能成分は決まっているので、上の例に挙げた「お腹の調子を整える」という表示のものにはイソマルトオリゴ糖、大豆オリゴ糖、小麦ふすま、ビフィズス菌、乳酸菌などその製品に関与する保健機能成分が入っています。

 

商品自体にも「消費者庁許可 特定保健用食品」と書いてあるマークがついています。

 

栄養機能食品

 

特定保健用食品とちがい、厚生労働省に届け出や申請がなくても栄養機能食品として販売することができますが栄養素の摂取上限値などが決まっています。

 

例えばビタミンCの健康増進目的の際は2000mgから3000mg必要ですが栄養機能食品としてのビタミンCの上限値は1000mgまでです。

 

そのため、ビタミンCをたくさんいれてしまいその上限値を超すこすと、栄養機能食品と表示はできません。

 

 

一般食品

 

上の1,2以外のサプリメントはすべてここに当てはまります。

 

錠剤であろうがカプセルであろうが、法的にみると「食べ物」とみなされます。

そのため、効果・効能を書いてしまうと薬事法違反になってしまいます。

 

しかし、内容の成分には勿論有益なものや科学的根拠があるものもたくさんあります。
同じく、なんも根拠もなく健康被害の報告があるものもあるので、慎重に選ぶ必要があります。

 

 

【おすすめランキング】に戻る↑↑

 

 

安全性を見極めるためには

 

サプリメントを選ぶ際には表示ラベルを見ることが大切になります。

 

たとえば原材料名に「ビタミンC」と書いている場合には、すべてではありませんが合成物と思って良いでしょう。

 

ビタミンCではなく、それを含む原材料名(レモンなど)が書いていることが信頼の一つです。

また、添加物についてはサプリメントでは【香料・甘味料・保存料・防腐剤】はあまり必要ありません。

 

ですので、それらの表記がある場合には、不必要な添加が入っていると思って選ばないほうがいい場合もあります。
※ただしサプリメントにも最低限必要な添加物もあることがあります。

 

添加物の種類について全成分の表示がしてあることと、天然由来の添加物であることは安心のポイントとなります。

 

また、香料や乳化剤についてはどんな添加物を使っているか法律上表記する必要がないので添加物が気になる人はこの2つについては避けたほうがいいでしょう。

 

他にはその商品の詳細をサイトやネットで調べたり、販売店で聞いてみたり実際に使用している人に話を聞いて情報を得ることも大切ですね。

 

科学的根拠がどうしても気になる場合には米国国立医学図書館の文献データベースでビタミンやハーブの科学的な根拠が正しいのか信頼できるのかを確認することもできます。

 

私自身、不眠症を患ったことがあり、眠れないことのつらさはよくわかります。

 

しかしそれ以前から、割と小さな頃から寝つきが悪かったので、布団の中ですぐに眠れないことがちょっとした悩みでもあったのを思うと体質の問題もあったのかな?とも思いますし、大人になって不眠症になる前にもやはり寝つきが悪く、特に翌日に何かあると思うと眠れないタイプだったので眠れない自分を責めたり我慢するのではなく、サプリメントなどでうまく眠れるようにすればよかったなと思います。

 

寝付きを良くする成分配合のサプリ【おすすめランキング】に戻る↑↑

 

 

 

寝る前の寝酒の危険性


お酒を飲む人であれば、飲んだ後に眠くなる経験をしたことのある人もいるでしょう。

 

また、あまり眠れない時にわざと飲んで寝た、という人もいると思います。

 

日本では不眠症の解消目的で、約3割もの人が寝酒を利用しているという統計も。

 

それだけ眠りにつくのが難しかったり、考え事が止まらないなどの悩みの多さが垣間見れます。

 

では寝酒、と聞くとどのくらいの量を考えるでしょうか?
お酒を薬に例えると、コップ1杯の薬は多すぎます。
実は寝酒に適した量「スプーン1杯」程度)5tです。

 

この量を守れば、たとえばただ飲むだけでなく、お湯割りにしてちょっとづつ飲んでも良いのですがそんな量じゃ眠れない、もっと飲みたい!と思ってしまう人は寝酒には向きません。

 

睡眠の質が悪くなる

お酒の量が多くなると、レム睡眠が少なくなり、ノンレム睡眠が増えます。

 

そのため、眠りはじめにはぐっすり眠れるのですが、後々での眠りが浅くなり、睡眠時間全体でみると眠りの質が悪くなる可能性が高いのです。

 

そのため途中覚醒や早朝覚、夜中のトイレなどが増えてしまうことになります。

 

また、スッキリ起きることが難しく、安眠とは言えません。

 

睡眠薬とどっちが悪いのか

睡眠薬は確かに寝つきをよくしますがそれなりに副作用があります。
そのため、寝酒の方がマシでは?と思うかもしれません。

 

しかし、お酒は飲みすぎたりする点からもコントロールが難しく、翌日の状態から考えてもお酒の方がよりタチが悪いのです。

また、寝酒がクセになっている人がこのままではいけないと思って中断してみると、一時的ではあっても不眠症状が悪化することもあります。

 

寝酒をする人の中に睡眠時無呼吸症候群を患っている人は、心臓発作や脳卒中、突然死のリスクも高まることも指摘されていますし、そうでない人も寝酒を続けることで不眠解消ではなく、アルコール依存症になってしまう確率も高くなります。

 

こういった点からも、寝酒はスプーン1杯を守れない人にはすすめられない方法です。

 

 

寝付きが悪い時のサプリ【おすすめランキング】に戻る↑↑

 

 

 

寝つきの良くなるツボ


東洋医学では経穴(つぼ)をおすことで体の様々な不調などを緩和する方法があります。
寝つきが悪い場合には以下のツボが効果的とされています。

 

・失眠(しつみん)
場所【かかとのふくらみの中央】
効果【不眠の改善、むくみ、うつ、神経症、のぼせ、下半身の冷えなど】

 

・百会(ひゃくえ)
場所【頭のてっぺん、左右の耳の穴と眉間の中間から頭のてっぺんにむかって交差する場所】
効果【不眠の改善、緊張緩和、ストレス解消、頭痛など】

 

・安眠(あんみん)
場所【耳の後ろ とがっている骨部分から指1本分下の場所】
効果【不眠、寝不足、頭痛、肩こり、めまい】

 

自分で押せる場所なので、試してみるといいですね。

 

押す場合はいた気持ちいいくらいで、一押し3〜5秒、離すときはゆっくりと離しましょう。
1分程度、断続的にするくらいで良いので、あまり強すぎたり押し続けたりはしないようにしましょう。

寝つきの良くなる飲み物とは☆

・温かい牛乳

牛乳ンはトリプトファンという成分が含まれ、脳内のセロトニンを作ってくれます。
セロトニンは脳内でメラトニンというホルモンに分解されます。
メラトニンは暗くなると分泌し血圧や体温、脈拍をさげることで眠りに導いてくれます。
このメラトニンの分泌量が多いことで夜中の途中覚醒をせずに睡眠を持続してくれます。
また、体を冷やさないためにも温めてから飲むとよいでしょう。

 

・カモミールティー
カモミールには誘眠作用があり、また精神的にもリラックスをさせてくれるため日頃ストレスが多いことで眠れない人にも良いでしょう。
また、温かいハーブティーで体があたたまることで血流もよくなり、眠りにつきやすくなるでしょう。

 

・青汁
青汁をつくるケールにはメラトニンが多く含まれています。
なかなか好きではない人も多いとは思いますが、健康のために飲もうと思う人は夜に1杯飲んでみるのもいいですね。

 

・豆乳

牛乳はお腹がゆるくなるから苦手という人には投入もおすすめできます。
豆乳にもトリプトファンが含まれていて、実は牛乳より含有量は多く、女性には特におすすめできます。
豆乳に含まれるイソフラボンによる美容効果や、植物たんぱく質には腸の中で余分な糖質の取り込みを抑制する働きがあることからも、腸内環境が整う効果が期待されているので、安眠と健康な体つくりにもおすすめです。

 

 

寝つきが悪くなる原因

1・ストレス

ストレスがたまると自律神経は交感神経が優位になり、体は緊張状態が続いていると言えます。
そのため、眠りにつくために必要な副交感神経の働きが鈍ることにより寝つきが悪くなってしまいます。

 

2・環境

暗い部屋が苦手な人もいるかもしれませんが、睡眠ホルモンのメラトニンは明るいと分泌されづらくメラトニンの分泌が悪いと寝つきが悪くなります。
また、暑すぎたり寒すぎたり、音がうるさかったりなども睡眠の妨げになります。

 

3・携帯やパソコン

寝る前に携帯をいじる人も多いと思いますが、携帯やパソコンのブルーライトは強い光のため脳が勘違いを起こしてしまい寝つきが悪くなります。
またいろいろな情報を入れることでよけい脳が覚醒してしまうこともあるので避けたほうがよいでしょう。

 

4・カフェイン

夕方以降は避けたいのがカフェインです。
人によってはカフェインの効果が6時間も持続してしまうことがあります。

 

5・生活リズム

夜勤や当直のある仕事の人は難しいところですが、体内時計がくるってしまう事で寝つきが悪くなります。
朝の光をあびることで体内時計はリセットされるので、毎朝朝の光を浴びることが必要です。

 

6・運動不足

頭だけが疲れていても体のエネルギーが余っていることで寝つきが悪くなります。
眠る2時間前にストレッチやウォーキング、ヨガなどの緩やかな運動をすると寝つきが良くなります。

 

7・薬の副作用

降圧薬やステロイドやピル、気管支拡張薬、抗鬱薬の中の成分には、副作用で不眠が起こることがあります。
病気を治すのに必要な薬も勿論あるので、薬のせいで眠れないのかも、と思った場合には医師に相談してみましょう。

 

 

寝付きを良くするサプリ【おすすめランキング】に戻る↑↑

 

 

 

疲労と睡眠の関係

疲れているとなぜか逆に眠れない、というのは経験した人が多いと思いますが、実はその眠れない状態は体からの大切な信号です。

 

ストレスや働き過ぎにより交感神経優位になることで緊張状態が続くと、脳が疲れ切ってしまい、疲労を感じるセンサーが麻痺することがあります。

 

そのため、疲れているのに頭がさえていたり、考えがとまらなかったりしてしまい、眠っても疲れが取れないことがあります。

 

質の良い睡眠がとれないことで疲れはさらにたまり、免疫力が落ちてしまうと風邪をひいたり、持病が再発したりなど体に症状がでてきてしまいます。

 

疲れているのに眠れない、そう思う時には自分自身で体の神経を落ち着かせるためにマッサージやアロマ自分にとって好きなストレス発散法などでリラックスすることをこころがけましょう。

 

また、基本的に動かないという人は運動を取り入れたり食生活が乱れがちな人はバランスのよい食事をこころがけビタミンCやビタミン12などは疲労回復にも良いので、意識して取り入れると良いでしょう。

 

大人の成長ホルモンの働きと重要性

成長ホルモンは睡眠時に分泌されます。
成長ホルモンは代謝に大きな影響を与え、脂肪の分解・たんぱく質の合成など様々な代謝を調整しています。

 

大人になってこの成長ホルモンが十分に分泌されないと、心疾患による死亡リスクが高まる事や肥満や運動能力が落ちてしまう事、更には情緒不安定になることがわかっています。

 

他にも免疫機能や生殖機能をたもち、発汗なども調節するなど非常に重要な働きが多く、ぜひとも分泌してほしいものです。

 

成長ホルモンの分泌には無酸素運動が効果的なので、筋肉に負荷を与える運動や筋トレ、加圧トレーンングなどがおすすめです。

 

また運動だけでなく食事からも成長ホルモンの分泌を高めることができます。
ビタミンA,ビタミンB12,葉酸、パントテン酸、アイアシン、アミノ酸(アルギニン、グルタミン)を積極的に摂ると良いでしょう。
これらを多く含む食物は以下のものです。

 

ビタミンA・・・緑黄色野菜、卵黄など

ビタミンB12・・・しじみ、あさり、さんまなど

葉酸・・・枝豆、モロヘイヤ、いちごなど

パントテン酸・・・納豆、ささみ、卵黄など

ナイアシン・・・まぐろ、レバー、たらこなど

アルギニン・・・大豆製品、ナッツ類など

グルタミン・・・大豆製品、チーズなど

 

寝付きを良くするサプリ【おすすめランキング】に戻る↑↑

 

寝つきを悪くする習慣とは

部屋着のまま

眠るときの格好は意外と重要です。
パジャマなどに着替えることで脳が「眠る時間」と認識することもあり、潜在意識での睡眠スイッチを入れるためには部屋着のままで眠ることはおすすめできません。

 

また、パジャマなどの寝間着は睡眠中に適していますし、汗なども吸い取ってくれるため寝心地もよく過ごせます。
※寝間着でなくても、汗の吸い取りがよい素材で体がラクであれば、それを睡眠専用のものにするといいですね。

 

携帯などを見る

頭に何か情報が入るような状況では脳も睡眠スイッチをスムーズに入れられません。

 

ベッド=眠る場所 という条件を強く意識することで眠りに入ることが楽になります。
そのため、ベッドの上で携帯をいじる、テレビを見続けることは寝つきを悪くする原因になります。

 

眠くないのに横たわる

眠れないけれどずっと布団にいることは逆効果です。
その場合には一度起きてみましょう。

 

”眠る場所で眠れなかった”という意識と”一度起きて短くてもベッドで眠れた”という意識は全く違い、この意識はそれ以降の睡眠に関わります。
ベッドで15分以上眠れずに過ごしている場合には、思い切って一度起きてみましょう。

睡眠薬に頼る前に、まずは副作用の心配のないサプリメントから

寝つきが悪くなることはいろいろな原因がありますが、様々なアプローチで寝つきをよくすることができます。
体だけでなく、ストレスや考え過ぎたりすることも大きな要因となっているのもよくわかります。

 

眠れないことで起こる弊害も多くあり、そのため余計なストレスや心配、イライラを抱えてしまう悪循環に陥ると眠る時間が苦痛になったり、明日が怖い・・・という思いになることもあります。

 

それらはできるだけ回避したいものですね。

 

食生活を気を付けたり、良い成分・・・と思っても、自分自身で摂ることは意外と大変です。

 

忙しい人は料理をすることも疲れてしまって、帰ってきてからわざわざ料理をしたくないと思うこともあるでしょう。

 

また、仕事柄外食が多い、時期的なもので多忙とストレスにさらされる仕事環境の人もいるかと思います。

 

そんな時に、手軽に摂取できて、効果的なサプリメントを摂る事で明日への活力と、ストレスや疲労に対応できる体をつくることから、毎日を安心して過ごすことができます。

 

 

・今日も眠れないかもしれない・・・
・明日ちゃんと起きれるだろうか・・・
・疲れているのに寝ても回復感がない・・・

 

そのような悩みを抱えている人には是非、サプリメントでご自身の生活を支えてみてはいかがでしょうか。

 

オススメのサプリメントから自分にあうものを見つけてくださいね♪

 

 

寝つきを良くするサプリメント【おすすめランキング】に戻る↑↑

 

-